ページトップへ戻る

キャンパスネット神奈川

資料請求資料請求

神奈川工科大学

  • twitterアイコン
  • facebookアイコン

『考え、行動する人材』を育成します

本学では、創成(世の中にないものを作り出すこと)教育を重視し、PBL(Project Based Learning)教育を実践しています。体験型授業を通して基礎の重要性、必要性を理解し着実に身につけます。また、PDCAサイクルを繰り返し、実社会に必要な問題発見解決型のスペシャリストを育成しています。

神奈川工科大学

お問い合わせ

企画入学課
TEL:(046)291-3002
E-mail:kikaku@kait.jp
URL:https://www.kait.jp/

  • オープンキャンパス
  • 資料請求

基本データ

神奈川工科大学(工学部、創造工学部、応用バイオ科学部、情報学部、看護学部)
創立:1962年設立の幾徳工業専門学校が起源。
学部学生数:4,885名(男:3,942名、女:943名)
学部教員数:204名
図書館蔵書:24万冊

大学で学べる分野

  • 人文系
  • 社会系
  • 国際系
  • 理学系
  • 工学・情報系
  • 家政系
  • 芸術系
  • 医歯薬・医療薬
  • 学際総合系
  • 教育系
  • 福祉系
  • 農学系
  • スポーツ・健康科学系
神奈川工科大学

お問い合わせ

企画入学課
TEL:(046)291-3002
E-mail:kikaku@kait.jp
URL:https://www.kait.jp/

  • オープンキャンパス
  • 資料請求

学部・学科一覧

学部名 学科名
工学部 機械工学科/電気電子情報工学科/応用化学科/臨床工学科 ※
創造工学部 自動車システム開発工学科/ロボット・メカトロニクス学科/ホームエレクトロニクス開発学科
応用バイオ科学部 応用バイオ科学科/栄養生命科学科 ※
情報学部 情報工学科/情報ネットワーク・コミュニケ―ション学科/情報メディア学科
看護学部 看護学科 ※

※2020年度に新学部への再編を構想中

住所・アクセスMAP

〒243-0292
神奈川県厚木市下荻野1030
●小田急線『本厚木駅』からバス「あつぎ郷土博物館」または「神奈川工科大学経由鳶尾団地」行きで、「神奈川工科大学前」下車。

キャンパスライフ

S.O.

S.O.
創造工学部 自動車システム開発工学科
東京・日本工業大学駒場高等学校

自動運転技術の先を見据えた
産学官連携の研究開発に挑戦

研究室内の自動運転に関連した、全ての研究における検証用の実験車システムを構築しています。私が所属している井上・小宮研究室は、産学官連携の共同研究が多く、高度な知識と技能が求められます。その力をつけるため、大手自動車メーカーの非公式インターンシップにも特別参加させていただきました。今では、さまざまな企業のエンジニアと技術的な打ち合わせを行えるまでに成長。将来、自動車の標準装備になるような技術を生み出すことが目標です。

A.N.

A.N.
応用バイオ科学部 栄養生命科学科
宮城県古川高等学校

食と健康の関係性を
遺伝子レベルで解析する

卒業研究では「乳清たんぱく質によるサルコペニア(筋肉量の減少)への予防効果」についてテーマを設定しました。牛乳などにも含まれる乳清たんぱく質の有用性を解明することで、普段の食事から高齢者の寝たきりなどの予防を検討。マウスを使った実験では、予想とは異なるたんぱく質を代謝するメカニズムを発見することができました。卒業後は、調剤薬局のかかりつけ管理栄養士として、地域の方々の食と健康の相談に対応していきたいと考えています。

A.K.

A.K.
創造工学部 ホームエレクトロニクス開発学科
神奈川県立麻溝台高等学校

企業連携プロジェクトで
社会に貢献する取り組みに挑戦

学科の学びで特徴的なのがプロジェクト形式の授業です。グループで研究するため、問題解決能力とコミュニケーション能力が問われます。3年次からは企業と連携し、災害時における迅速かつ効率的な避難所運営・管理システムの開発を進めてきました。この取り組みは学会発表のみならず、シンポジウムや論文誌でも高く評価され、大学院進学のきっかけとなりました。今後は、この経験を災害復旧の手助けとなる製品の開発につなげていきたいと思っています。

各大学への資料請求はこちらから各大学への資料請求はこちらから